ペーパーレス化でコストカット│スムーズな運営に欠かせないもの

データの復元と可否

パソコンを触る人

日常的にパソコンを活用する人であれば、一度破棄したデータをもう一度復活させたいという事態に陥った経験が必ずあるはずです。重要なファイルから、一時的に利用する資料まで、通常、役目を終えて必要なくなったファイルはごみ箱へ入れ、一定時間が経過して、自動で削除されていくのが一般的です。もしも、ごみ箱内のファイルをデータ復元したいと思えば、中から元の位置に戻すといった作業が可能です。しかしながら、ごみ箱内から完全にファイルを削除してしまったり、一定の大きさを超えるファイルで、最初からごみ箱に入らず、そのまま消去してしまったという場合、データ復元は一見不可能に見えるかも知れません。しかし実際のパソコンの中では、まずデータ自体が記録されていて、その上で、データの置いてある場所を記したパスが存在しています。パスとはパソコン内の地図のようなものです。最初にデータを削除した段階では、この、パスを破棄したに過ぎません。つまり、データ自体が消えていなければ、データ復元を実行できる可能性が残っているということになります。

昨今、数多くのデータ復元ソフトが販売されています。これらのソフトは基本的には、破棄してしまったパスがなくても、パソコン内から元データを探し出し、データ復元を実現しています。ソフトによっては、破損したデータを一部復活させたり、あるいは、DVDやブルーレイの中からも、データ復元することが可能な場合があります。ソフトによって特長は様々なので、量販店に用意されている販促用のお試しCDなどを利用して用途にマッチしているか、試してみるのも有効です。ただし、どのような方法をとっても、元データが残っていなければ、データ復元することは不可能です。パソコンの記録できる量は限られていますから、一度破棄されたデータがあった場所には、すぐに別なデータの上書きが始まります。上書きされてしまったデータを復元することは二度とできません。従って、誤ってデータ削除してしまった場合、なるべく早めに専門業者に依頼して復旧を行なってもらいましょう。企業含めて、専門業者に依頼することによって早期にデータ復旧を図ることが出来るようになります。