ペーパーレス化でコストカット│スムーズな運営に欠かせないもの

手軽に使える電子メール

Eメール

ブラウザでメールが読める

パソコンなどのIT機器を使った電子メールは、今や仕事に欠かせない情報ツールです。社内での連絡や取引先との情報交換など、メール抜きには仕事が成り立たなくなっています。そうしたメールも従来は専用のメールソフトで読み書きし、宛先等も管理するのが普通でした。近年では大手ポータルサイトなどの運営するウェブメール利用者が急速に増加しています。特に個人では、1人で複数の無料メールアドレスを取得している人も珍しくありません。従来のメールとウェブメールで最も大きな違いは、使うソフトの汎用性にあります。前者が専用ソフトを使うのに対して、後者はブラウザでメールの読み書きや管理ができるのです。契約するプロバイダからアドレスを割り当てられることの多い前者は、メール送信にSTMPという転送プロトコルを使います。受信の際はメールがPC本体にダウンロードされる場合はPOP3が、サーバーにメールが置かれる場合はIMAPプロトコルが使われます。いずれのケースでも面倒な設定が必要な上に、メールの閲覧管理はインストールされたPCでなければできません。対してウェブメールはサーバー上で動作するため、そのような制約がないのです。

多機能の法人向けサービス

専用ソフトが不要のためブラウザで手軽に利用できるウェブメールは、外出先でも携帯電話やスマートフォンで扱えます。フリーメールアドレスも無料で取得できることから、個人の利用が普及しているのです。その反面フリーメールは信頼性の点で問題があるため、企業や法人では仕事の連絡に使用しないのが一般的です。最近では法人向けのウェブメールサービスも充実してきました。レンタルサーバーなど統合的な法人向けサービスと一体になったパッケージも多く、グループウェアとの連携も強化されています。ブラウザさえあれば社内でも外出先でも同じ環境でメールのチェックや送信ができる利便性はそのままです。こうした法人向けの有料ウェブメールサービスは、個人向けのフリーメールと比べて機能が充実しています。サーバー上で動作するアプリケーションの強みを生かして、高精度のスパムメールフィルタやウィルスチェック機能を備えているのです。メールの大量配信や予約配信など、法人利用に欠かせない追加機能を持つサービスもあります。法人向けウェブメールの信頼性が高まっていることから、今後はメールソフトを使わない連絡方式が企業でも加速しそうな勢いです。