ペーパーレス化でコストカット│スムーズな運営に欠かせないもの

紙を使わない企業

会社

タブレット端末で代用

日本のオフィスなどでは、大量のコピー用紙などの紙資源が使われています。しかし、そうした紙というのは後にはゴミとなり、処理のための費用が発生したり、資源の無駄使いなどに繋がっています。そこで、企業の中では社内の資料などをすべてペーパーレス化するところが出ています。ペーパーレス化した企業では、社員の一人一人にタブレット端末を持たせることにして対応しています。社員がタブレット端末を保有すると、社内の資料などはネット経由でダウンロードすれば良いことになってきます。また、営業担当者はタブレット端末を持ち歩いて、顧客にはタブレット端末の画面を提示して説明をするようにしています。タブレット画面を使って説明する方が顧客も分かりやすい面があり、好評となっています。

省資源化やコストカットも

企業ではペーパーレス化を行うことによって紙を使わない分、省資源化を図ることができるようになります。省資源化によって木の伐採を少なくし、自然の保護に役立つことに繋がります。また、ペーパーレス化をすることで事務費のコストカットができる面が生まれてきます。事務費においては大幅な削減が可能となってくるために、企業運営コストのスリム化を実現することができます。企業においてはペーパーレス化のためにタブレット端末を導入した結果、以前よりも仕事が早くこなせるようになっています。タブレット端末にはタッチパネルで文字を入力することができることから、素早い意思決定が可能です。したがって、ペーパーレス化は仕事の効率アップにも、期待できる面が生まれています。

Eメール

手軽に使える電子メール

仕事に欠かせない電子メールは専用ソフトで読み書きするのが普通でした。現在ではブラウザで読み書きできるウェブメールが普及し、個人ではフリーメール利用も加速しています。信頼性重視の企業ではフリーメールでの連絡は敬遠されますが、法人向け有料サービスのウェブメールは多機能なため今後普及が進むと予測されます。

パソコンを触る人

データの復元と可否

不要だと判断してごみ箱から削除してしまったデータでも、最初の段階ではパスを破棄してしまったに過ぎず、データの上書きさえしていなければ、元データはパソコン内に残っている可能性があります。市販の様々なソフトを使えば、データ復元できる可能性がありますが、企業の場合は早めに専門業者に依頼したほうが安心です。

ネット

データの共有

インターネットの普及により、スマートフォンやパーソナルコンピュータを使ってファイル共有を便利に使うことができるようになりました。しかし、共有するファイルの容量によって通信速度が遅くなってしまうところもありますので、これからの今後の動向は、改良によって通信速度が速くなると思います。